月1くらいでの定期作業(月次作業)、バージョンアップ、メンテナンス、Cloud9環境

ghのバージョンアップ

 

devのwebページを開いて作業前の正常動作確認

cd ワーキングディレクト

php artisan serve --port=8080

git status

gh pr status

gh --version

cd ~

 

Releases · cli/cli · GitHub

ll

wget https://github.com/cli/cli/releases/download/v2.13.0/gh_2.13.0_linux_amd64.rpm

sudo yum localinstall gh_*_linux_amd64.rpm

yum list installed | grep gh

gh --version

ll

rm gh_*_linux_amd64.rpm

 

一応、動くか確認

cd レポジトリ

git status 

gh pr status

 

 

yumとcomposer

ケの環境で nodejs を削除した状態。関連したnpmも削除された状態。

libuv が 1:1.43.0 になる必要あり、待ち。

関連不明だが python-urllib3 のupdateも失敗している。上記の解決待ち。

 

cd ~
yum check-update
sudo yum -y update

yum check-update
composer -V
sudo composer self-update

 上記が実行不能な場合 sudo /usr/local/bin/composer self-update

composer -V

 

 

npm と nvm の更新

cd ~

npm -v

npm update -g npm

 

nvm ls

node -v

nvm ls-remote | grep Latest

       v16.15.1   (Latest LTS: Gallium)

nvm install v16.15.1

nvm alias default v16.15.1

nvm use v16.15.1

nvm uninstall v14.16.1

nvm ls

node -v

 

 ※ package-lock.json が更新されるので、ブランチを切って、プルリクしてgitに反映させる必要あり。その後、git pull で各々に配布。

 npm install or npm ci(ユーザの package-lock.json と package.json が更新されないこと)

 npm installとnpm ciの違いをメモする - CLOVER🍀

 

 

容量を確認

df -h
free -h

 以下はさらに詳しく調べる場合

 top
 sudo e4defrag -c /
 sudo du -h --max-depth=1 /
 ls -lhaS /var/log/

 

EBSの増設と割当が必要な場合

Cloud9でEBSのストレージ不足 - blog

$ sudo growpart /dev/xvda 1

$ sudo resize2fs /dev/xvda1

 

 

立ち上げて閲覧確認

cd ワーキングディレクト

git status 

gh pr status 

php artisan config:cache
php artisan view:clear
sudo service httpd restart

 出力文はこれでOKっぽい Redirecting to /bin/systemctl restart httpd.service

 linux - How start apache in centOS 7 - Stack Overflow

 [AWS] EC2/LAMP環境を構築する(3) – Apache/PHP – 端くれプログラマの備忘録

sudo service httpd status

 redisを使用している場合は redis-cli ping

php artisan serve --port=8080